ストロークレールを使ったエクササイズ

ターゲットに真っ直ぐなストロークと
アーク理論を実感することができます。

パターシャフトをレールの上側か下側に密着させて走らせることで、ターゲットに向かって真っ直ぐな、安定したフォームを体感。本体に白くプリントされたガイドと比較することにより、フェースがアークを描くことが確認できます。
ここでは手首を固定し、肩と腕でストロークすることが基本となります。

●インパクト前

1
ストロークレールを使ったエクササイズ1

トウがヒールを追い越して上から見ると開いて見えます。
このとき、フェースはターゲットの右を指しています。

●インパクトの瞬間

2

インパクトではスクェアフェースとなります。
このとき、フェースはターゲットを指しています。

●インパクトの後

3

トウがヒールを追い越して上から見ると閉じて見えます。
このとき、フェースはターゲットの左を指しています。


本体に白でプリントしてある白線にマッチしたフェースの動きが正しいフェースの動きとなります。
また、この後ストロークレールをはずしてボールをストロークすることで、
安定したパッティングを習得したかを、確認することもできます。
さらに、ボールなしでヘッドを走らせることで、
安定したパットの動きを習得することができます。

ストロークレールを使ったエクササイズ1 1mb 5mb

ストロークレールを使ったエクササイズ2 1mb 3mb

ストロークレールを使ったエクササイズ3 1mb 4mb

■ストロークレールを使った練習
■アライメントガイドを使った練習
■パッティングミラーでの練習
■寝る前と当日の練習