今までの常識と180度違うスイング


すべてのゴルファーの夢と目標は飛んで曲がらないこと。より遠くに飛ばそうと思うと、力が入りすぎてミスになりやすい。上手く打てても時々大きく曲がる。
真直ぐに飛ばそうと思うと、体が萎縮して曲がりやすい。真直ぐ打てても思ったほど距離が出ない。ましてこの距離と方向性の両立は尚一層難しい。

私も、多くのゴルフ理論に取り組み実践してきましたが、この両立を可能にし、しかも分かり易く体系化された理論というのは、今までお目にかかれませんでした。
再現性の高い左一軸©打法とは左股関節を軸に、右サイドが水平に捻転するので、動きに無理がなく再現性が大変高い。つまり、ベストショットが恒常的に打てるようになる。
さらに左サイドがバランスをとり、右サイドのパワーを出させるため正確で飛距離の出るショットが実現できる。

ごく初期の頃のオジー本人のショットをご覧いただこう。

左一軸©打法は、大きく分けて2種類ある。左足加重で構え、スイング中左股関節の位置を変えないのは一緒だが、ダウンで右腕と右腰を連動して、打ち抜くのが、ボデイスイング。

ダウンで、右腰を動かさないで、右腕で打ち抜くのが、アームスイング。技術向上の目的、年齢、筋力などの違いで選び分けたい。

私たちは、この再現性の高い、飛んで曲がらない、からだに優しいゴルフ理論をこの日本に広めようと、日々普及に励んでいる。

facebook

blog

ichiro