はじめに


ボールと接する「フェイス面」を
意識してください。
あなたのゴルフがガラリと変わります。

ボールと接触するのはフェース面。
まずは、体の前でのフェース面の動きと軌道を思い浮かべてください。
フェースが閉じる、開いてしまう、ボールの手前に最下点が来るなど、インパクトゾーンでフェースが暴れるスイングになっていませんか?

もし、あなたのスイングで当てはまるものがあれば、
以下をご覧ください。 hajimeni

インパクトからは、右手が左手より下側にある状態で、フェース面が返ることなく、低く、長く抜けているのがお分かりいただけるでしょうか。
右手が左手より上にいくとフェース面が返ることになってしまいます。


「飛んで曲がらないスイング」を
実現するためには

フェース面は腕や手を返す動きを入れず、前傾角度と平行に動く必要があります。なぜなら、フェース面の方向と軌道と入射角が、球筋と飛距離を決めるから。インパクト時のフェース面(リーディングエッジ)が向いている方向にボールは飛ぶのです。
なので、スクエアフェースで動かすことによって、まずは落ち着いたフェース面を作ることが重要。ほとんどの方はインパクト後にヘッドが返ってしまい、もっと高い位置に上がっています。


実はこれこそがゴルフ上達を妨げる大きな原因の1つだったのです。
特にショートアイアンではフェースの向きが優先。
ミドルアイアン以上はフェースの向きより、インサイドアウト、アウトサイドイン、インサイドインなどの軌道の方が優先。


入射角が少ないと,掃くようなスイングとなり、方向性と空気抵抗に強い球筋となります。
そんな方法を、画像を見ながら修得できるのがこの
左一軸ゴルフ理論のラーニングビデオです。