オジー・モア左一軸©ゴルフ2016の特長

体の中心軸(正面から見て)は
アドレスから、フィニッシュまで
垂直のままです。

トップからの切り返しで、トップの体勢を維持しながら、中心軸をシフトするという、間を大きく作ることで、再現性が一段と高まり、飛距離もアップします。
軸シフトにより、インパクトでは1クラブ以上ロフトが殺されますので、飛距離がアップします。さらに、よりスウィープするので、ボールの回転数が少なくなり、距離のアップだけでなく、方向性も一段と良くなります。
ハーフウェイダウンの3時の時点から、左足の上で体の軸垂直のまま、ターンするので、フォローが大きくなったフィニッシュが取りやすくなります。フィニッシュまで取れれば、飛距離アップにつながります。

軸シフトを入れるので、
ダウンではインサイドから
ボールを捉えることが出来ます。

ターゲット方向から見ると、胸はインパクト寸前までは見えない体勢なので、確実にインサイドからボールをヒットし、ボールにパワーが伝わります。
(詳細は購入後に配信する「イチローの神髄」をご参照ください。)

軌道は
ストレートに近いインサイドイン。

具体的には、ボールの手前15cm(7アイアンでは)ぐらいにヘッドを下ろし、左足上でのターンが加わって、ボールを捉えます。
ボールに向かって、クラブを下ろすのではないのです。これが新打法の神髄です。意識と実態の乖離を理解しましょう。
スライスに悩む人、右足に体重が残り、左腰が引けてボールが左に飛び出す人は、その悩みから解放されるでしょう。

体の軸が垂直なので、
地面を押さえる力が最大となります。

ダウンでは下(足)から上に、さらに腕から手、そしてヘッドにパワーを伝えますので、
軸垂直がパワーアップに不可欠です。
軸垂直はクラブフェースをスクェアに保つためにも必要で、
前傾角度を正しくとれれば、スクェアフェース(体の軸とフェース面が平行)でインパクトできる可能性は大です。

体の軸を垂直に保つスイングなので、
体への負担は更に少なくなりました。

左足上でのターンは、歩いてきて、右足を左方向に踏み出す感じです。 体や、股関節が硬くとも、自宅で取り組めば、左足で真っ直ぐに立って、右足を左に出せるようになります。 年配者向けでもあります。