からだに一段と優しく、
飛距離アップした打法に変貌。

オジー・モア左一軸©ゴルフ2016は
一段と飛距離が増した打法に変貌。
ミスの原因となる、ダウンで胸が回る、
右膝が前に出る、などの現象が
なくなる打法になりました。

オジー・モア理論はもともと
真っ直ぐに飛ばせるものでしたが、
近年、一段と飛距離が求められるようになり、
だれでもが体にあまり負担を与えない、
軸回転打法に進化しました。
この軸回転(捻転)打法に工夫を加えたのが、
左一軸©ゴルフ2016です。

切り返しで軸シフトを入れることで、
ハーフウェイダウンまで胸を動かさないで、
下半身から始動し、
よりインサイドからボールを捉える打法になりました。
ダウンの途中から体の回転が入りますので、
ストレートに近いインサイドインの軌道となり、
軸回転打法よりインパクトゾーンがより長く、
よりスウィープできるようになりました。
安定性と飛距離が増した要因です。
当然もう、

スライスやひっかけからはオサラバです。